スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッカーを買うときに迷うこと

ステッカーを買うとき、キャラクターものの缶バッジを買うか、そうでないステッカーを買うかはとても悩むところです。  

キャラクターもののステッカーは、ステッカーとしてのインパクトがとても大きく、気に入るとかなり愛情を注ぐことができます。キャラクターもののステッカーはとてもわかりやすいですからとても愛着を持ちやすいのです。

ただ、そうして強い愛情を注ぐ分だけ、自分の中でブームが去ってしまうと、途端に冷めてしまうときがあります。それはとても身勝手なこちらの事情ですが、要はちょっと飽きてしまうということです。  

逆にキャラクターものの缶バッジではなく、風景やデザインを重視したステッカーだとガッツリ入れ込まないかわりに、そんなに飽きないという特徴があります。

キャラクターでない分愛情は注ぎ辛いですが、だからこそ長く飽きずにいられるのです。  ステッカーを持つのにどちらが正しい、正しくないという話ではありませんが、どちらかに偏り過ぎて持つのも良くないということを私は考えています。

キャラクターもののステッカーばかり買ってしまうと長く付け続けることができませんし、そうでないものばかりだとステッカーとしてのインパクトに欠けます。  ですので、どちらもまんべんなく買うのが良いと私は思っています。

缶バッジをノベルティにしました

自分で小さな商売をしているのですが、ノベルティとしてオリジナル缶バッジを作りました。 客は数百人から数千人程度、先着数名に、とノベルティとして缶バッジを作ったのです。

缶バッジは気軽に発注できるのが魅力。

自分で缶バッジにしたい絵柄を作り、発注するだけです。 私はインターネットからの発注でしたので、画像はデータで送りました。

人に取ってもらえるような絵柄を考案し、パソコンで絵を描き、入稿をして缶バッジが届くのを待つだけです。 缶バッジはかさ張らないのもいいですね。

ノベルティにも色々ありますが、ポーチだと高額がかかってしまいますしかさばり、手鏡ですと重くなってしまう、と考え結局缶バッジを選んだのです。 出来上がった缶バッジは、商品と一緒に配りました。 やはりノベルティがあると、商品の売れ行きも良くなります。

ノベルティ目当てに沢山の人が商品を手に取ってくれました。

缶バッジは軽く、小さいので商品につけて渡すのが簡単でしたし、かわいいと好評でした。

ノベルティですので、缶バッジの配布にはお金をもらわなかったのですが大量発注にて安く作れたので損にはなりません。

ノベルティは税金対策にもなるのが魅力。 商品も売れますし、税金対策にもなり、メリットばかりでした。

自炊しています~缶バッチのこと~

基本は缶バッチのことを書こうと思って筆をおとしたのですがあんまり思い浮かんできません。

我が社の誇るオリジナル缶バッチ制作のことを何か・・・・。と思うのですが缶バッチとワードが限定されてしまうとなかなかかけないものです。

缶バッチ

だから気にせずに別のことを書こうと思います。

そのテーマは自炊について。いわゆる書籍をスキャンしてどうのこうの・・・の自吸ではなくて本当の自炊です。

今年の6月から一人暮らしを始めて自炊することになりました。自炊と言っても、コンビニでお弁当を買って来て食べたり、レトルト食品を食べたりすることが多くて、完全に自炊というわけではありません。

冷凍のスパゲティーを食べることが多くて、かなり飽きて来たなと思って、自分で何か作ってみることにしました。エリンギを買い、それを調理することにしました。

タマネギと一緒にバター炒めにすると美味しそうだなと思いました。エリンギは松茸のような味と香りがするのに1パック100円くらいですごく手頃なキノコなのでたっぷり作って食べることができます。

タマネギを切って、エリンギも切ってフライパンにバターを入れて炒めました。

味付けは「味塩こしょう」を振り掛けました。出来はかなり良くて、炊きたてのご飯のおかずに丁度いいような感じでした。エリンギがすごく美味しいのです。

ポン酢をかけて食べると、酸味がきいて食欲が増すのです。

私は酸っぱいものが好きなのでポン酢で食べるものはほとんど好きです。少しずつ自炊して料理の腕をあげて行けたらいいなと思います。一人分を作るのは何かと不経済なことが多くて、いろいろと考えて作らなければならないのです。

奈良県 飛鳥に行きました

奈良県の飛鳥は仏教伝来の地で聖徳太子とゆかりの深い場所です。 「日本」という国が建国された時に最初に開けた所なので、

遺跡の多さは全国1位です。 この間もピラミッド型の遺跡が発見されて話題になりましたが、この辺りで新しく遺跡が発掘されると、社会の教科書が塗り替えられるくらいの「事件」になることがよくあります( ゚Д゚) でも私が飛鳥に行く目的は歴史ではなく景観を見に行くのが目的です。 秋は稲穂、すすき、ヒガンバナ、春は水田、桜、夏はひまわりと四季折々の景観を楽しめます。 特に気に入っているのは「奥明日香」ですね(#^^#)

日本の棚田100選に選ばれている有名な景勝地。 まんが日本むかしばなし、の世界が繰り広げられています。 休みの日になると村道は日本全国からやってきた観光客の車でいっぱいになります。 そしてみんな手には「一眼レフカメラ」を持っているのが常です。 若い女性カメラマンも最近ではすっかり増えました。

春になると道端で水彩画のスケッチをやっている人も見かけます☆ 「何とか祭り」とかイベントをやっていることも多いですが、奈良県在住の私としてはゆっくり景色を観たいので何もない平日に行くことが多いです。 この辺りはレンタルサイクルが盛んで、1日千円くらいで自転車を貸してくれます。 でも体力のない人は止めておいた方がいいです。一見平地に見える景色ですが、車でもエンジンを吹かさないと登らないような坂道が実は多いのです。 ゆっくり歩いて観光しましょう(^^♪

缶バッチに関して

缶バッチの収集にハマっています。缶バッチってなかなかいろいろな種類があるので集め甲斐があります。
そういうこともオリジナル缶バッチの魅力かもしれません。

全然話は変わりますけど。缶バッチからはかなり飛んでしまいますが。。。
美味しそうな食べ物を購入した時のワクワク感 。私が一番ワクワクするのは、美味しそうな食べ物を購入した時です。 でも決して高いものでなくて良く、たとえばマックやケンタッキーでもワクワクしますね。

先日は大好きなコストコで新作のケーキを購入したのでもうウキウキでした。 そのケーキと言うのがブルーベリーのタルトなのですが、もう美味しくてうれし泣きしそうでした。 値段は10号くらいありそうな巨大サイズで1600円。 周りには生クリームが敷き詰められていて、タルトの上にはたっぷりのブルーベリーが。 ブルーベリーの部分も最高に美味しいのですが、私はコストコのケーキに乗っている生クリームが大好きなんです。 このブルーベリーケーキに乗っかっている生クリームも最高で、最終的にはクリーム部分だけ先に食べきってしまいました。 それから合わせて購入したのがお米のスイスロールというケーキ。

大きなロールケーキが2本入って1000円以下です。 これも超がつくほど美味しくてどんどんフォークが進んだのですが、甘いものを食べすぎるとすぐに胃がむかむかしてしまいます。 なのでこちらは数口食べただけで止めておきました。 気持ち悪くなっても食べ続けるのはもったいないですからね。 あの甘いものを欲している時の最初の一口が何よりも幸せなんです。

缶バッチの話からなかなか飛びましたがそんなこんなで月曜日開始です。

缶バッチ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。