FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達と一緒に缶バッジを注文してみた思い出

アルバイトの思い出というか友達と一緒に缶バッジを注文してみた思い出ですが。

長い間ペーパードライバーだったことと配送の仕事をしたことがなく、しかも方向音痴気味で、よく道に迷ったりもする方だったので、悩んだのですが、生活費を稼がなくてはいけないという切羽詰まった問題があったために配送の仕事に応募することにしました。

応募したクリーニング会社にいき面接を受けました。どうして立派な大学をでてるのにこんなところにきたのかと驚かれましたが、自分の勤めてる会社をこんなところと言ってしまえることに驚きました。正直にペーパードライバーであることや方向音痴気味なことを伝えましたが、無事に採用されました。

注文缶バッジ

配送の仕事が始まる前日にルートを確認するために、業務で使用する車で回ってみました。

慣れるまでの3ヶ月はものすごく大変でした。クリーニング品というものはほとんどがハンガーにかかった洋服です。1着1着であれば軽いものですが、車に載せたり下ろしたりする時にはいちいち1着ずつ運んでいたのでは、時間がいくらあっても足りません。両手の総ての指にハンガーをかけて持ち運ぶのです。

缶バッジを頼むのってちょっと久しぶりというか友達と缶バッジを注文するのは初めてだったので新鮮さは当然ありました。

夏から仕事がはじまったので、ものすごく汗だくになってしまいました。とてもこんなにしんどい仕事は続けていけないと思っていたのですが、3ヶ月も経過する頃には楽々と運べるようになっていたのです。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。