スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッカーを買うときに迷うこと

ステッカーを買うとき、キャラクターものの缶バッジを買うか、そうでないステッカーを買うかはとても悩むところです。  

キャラクターもののステッカーは、ステッカーとしてのインパクトがとても大きく、気に入るとかなり愛情を注ぐことができます。キャラクターもののステッカーはとてもわかりやすいですからとても愛着を持ちやすいのです。

ただ、そうして強い愛情を注ぐ分だけ、自分の中でブームが去ってしまうと、途端に冷めてしまうときがあります。それはとても身勝手なこちらの事情ですが、要はちょっと飽きてしまうということです。  

逆にキャラクターものの缶バッジではなく、風景やデザインを重視したステッカーだとガッツリ入れ込まないかわりに、そんなに飽きないという特徴があります。

キャラクターでない分愛情は注ぎ辛いですが、だからこそ長く飽きずにいられるのです。  ステッカーを持つのにどちらが正しい、正しくないという話ではありませんが、どちらかに偏り過ぎて持つのも良くないということを私は考えています。

キャラクターもののステッカーばかり買ってしまうと長く付け続けることができませんし、そうでないものばかりだとステッカーとしてのインパクトに欠けます。  ですので、どちらもまんべんなく買うのが良いと私は思っています。
スポンサーサイト

缶バッジをノベルティにしました

自分で小さな商売をしているのですが、ノベルティとしてオリジナル缶バッジを作りました。 客は数百人から数千人程度、先着数名に、とノベルティとして缶バッジを作ったのです。

缶バッジは気軽に発注できるのが魅力。

自分で缶バッジにしたい絵柄を作り、発注するだけです。 私はインターネットからの発注でしたので、画像はデータで送りました。

人に取ってもらえるような絵柄を考案し、パソコンで絵を描き、入稿をして缶バッジが届くのを待つだけです。 缶バッジはかさ張らないのもいいですね。

ノベルティにも色々ありますが、ポーチだと高額がかかってしまいますしかさばり、手鏡ですと重くなってしまう、と考え結局缶バッジを選んだのです。 出来上がった缶バッジは、商品と一緒に配りました。 やはりノベルティがあると、商品の売れ行きも良くなります。

ノベルティ目当てに沢山の人が商品を手に取ってくれました。

缶バッジは軽く、小さいので商品につけて渡すのが簡単でしたし、かわいいと好評でした。

ノベルティですので、缶バッジの配布にはお金をもらわなかったのですが大量発注にて安く作れたので損にはなりません。

ノベルティは税金対策にもなるのが魅力。 商品も売れますし、税金対策にもなり、メリットばかりでした。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。