スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県 飛鳥に行きました

奈良県の飛鳥は仏教伝来の地で聖徳太子とゆかりの深い場所です。 「日本」という国が建国された時に最初に開けた所なので、

遺跡の多さは全国1位です。 この間もピラミッド型の遺跡が発見されて話題になりましたが、この辺りで新しく遺跡が発掘されると、社会の教科書が塗り替えられるくらいの「事件」になることがよくあります( ゚Д゚) でも私が飛鳥に行く目的は歴史ではなく景観を見に行くのが目的です。 秋は稲穂、すすき、ヒガンバナ、春は水田、桜、夏はひまわりと四季折々の景観を楽しめます。 特に気に入っているのは「奥明日香」ですね(#^^#)

日本の棚田100選に選ばれている有名な景勝地。 まんが日本むかしばなし、の世界が繰り広げられています。 休みの日になると村道は日本全国からやってきた観光客の車でいっぱいになります。 そしてみんな手には「一眼レフカメラ」を持っているのが常です。 若い女性カメラマンも最近ではすっかり増えました。

春になると道端で水彩画のスケッチをやっている人も見かけます☆ 「何とか祭り」とかイベントをやっていることも多いですが、奈良県在住の私としてはゆっくり景色を観たいので何もない平日に行くことが多いです。 この辺りはレンタルサイクルが盛んで、1日千円くらいで自転車を貸してくれます。 でも体力のない人は止めておいた方がいいです。一見平地に見える景色ですが、車でもエンジンを吹かさないと登らないような坂道が実は多いのです。 ゆっくり歩いて観光しましょう(^^♪
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。